お問い合わせはこちらからどうぞ! 公式LINEアカウントへ

ファスティングのベストタイミング

こんにちは!
ファスティングカウンセラー兼アーユルヴェーダセラピストのYUKOです。

今回の記事は、
「ファスティングはいつが一番効果が出やすいの?」
「やめておいた方がいい時期は?」
ということがわかります。

目次

実践するタイミングで意識する2つのこと

まず、この2つを意識することで、ファスティングの効果を最大限に生かせるかと思います。

生理後のタイミング

ファスティング


こちらは女性が対象となります。
女性は生理周期があるため、それによりホルモンのバランスが変わります。

女性には卵胞期黄体期がありますね。

生理後のタイミングである卵胞期は、エストロゲンというホルモン分泌が盛んになり、からだが軽く感じられ、肌や髪の潤いを実感しやすい時期です。

エストロゲンは、排卵と妊娠への準備を促すために心とからだを整える役割を持ちます。

分泌量が上昇すると、肌や髪に潤いを与えるため女性としての美しさが増しやすくなります。
この時期は女性を惹きつける魅力にあふれた時期とも言わるぐらいです。

排卵前まではエストロゲンの分泌が続きますので、この期間がダイエットに適したファスティングはまさにチャンスに適した時期になります。

月経までのイライラやむくみがとれて、からだが軽くなり、気持ちも前向きになりやすいです。
女性特有のこのリズムを上手に活用すると、効果的なファステイングが期待できます!

新月のタイミング

ファスティング

人は昔から、月の満ち欠けに影響があるといわれているほど月とは密接な関係があるそうです。

月の満ち欠けの周期は約29.5日。
女性の生理周期と少し似ている部分がありますね。

その中でも新月は特にファスティングの時期に適しているといえるでしょう。

新月のキーワードは、
浄化、解毒、リセット、スタート
だからです。

太陽・月・地球が一直線に並ぶのが新月。
29.5日間で最もデトックス効果が高まる時期なのです。

体内の浄化や解毒に取り組むのに適していますので、まさにファスティングをするならこのタイミングが効果を最大限に生かせるのです。

準備食からのスタート日にしたりするのがおすすめ。
いらない老廃物だけでなく、脂肪やもやもやした心も手放しやすくなること間違いなし!

なるべく避けた方がいい2つのタイミング

おすすめなタイミングもあれば、もちろんなるべく避けた方がいいタイミングもあります。
絶対ダメ!というわけではないのですが、効果を最大限に生かしたいと思うのならば、なるべくは意識しておくと良いでしょう。

生理前のタイミング

ファスティング

先ほど卵胞期のお話はしました。
このタイミングは排卵を過ぎた黄体期のお話です。

黄体期は、心もからだも不安になりやすくなります。
イライラ・憂鬱状態になりやすかったり、甘いものが欲したりし疲れやすく、冷えや下腹痛を感じる方も。

個人差はありますが不安定になりがちな時期。

なぜこのようなことが起きるのかというと、受精卵を着床しやすくするなど、妊娠や出産に欠かせない役割を持つ女性ホルモンプロゲステロンの分泌がさかんになるためです。

この影響を受け、食欲のコントロールがしにくくなり、からだに水分をためこむ傾向になります。
そのためむくみやすく、体重が増えやすくなるのです。

この時期には、肌が乾燥したり、化粧のノリが悪くなったりと、美容面にも影響が出やすいです。

妊娠した状況に備えて自分自身への防護が高まる傾向があり、心もからだも不安定なので、この期間は無理をしないで静かに過ごすのが最適です。

もちろん人によっては全くそういった症状がない方もいらっしゃいますが、卵胞期の時とは違うのは事実。

結果が出にくく余計にイライラや憂鬱状態にもなりやすいのです。

コンディションがいまいちな時

fふぁファスティングファスティング

ファスティングに限らずなんでもそうですが、コンディションがすぐれないときは何をしていても効果を最大限に発揮するのは難しいです。

なので、こういう時にいつもと違うことをするのはあまりおすすめしません。

静かにのんびりと過ごして、また改めてファスティングの計画を立てましょう。

おわりに+αのおはなし

ファスティング

ファスティングのタイミングで新月をおすすめしましたが、
よくいただくご質問で満月はどうなのか?という疑問を抱く方が多かったためお答えいたします!

満月もファスティングのタイミングとしてはおすすめです!

普段過ごす日常の中では太りやすいともいわれておりますが、それは食事によりけりの問題で、ファスティングは別物。

満月の日のキーワードは
消化、吸収、補給、修復、充電
なので、太りやすい食べ物を食べたらかなり吸収補給されます!笑

しかし、ファスティングの時期はからだに優しいものをとりいれるため、
そういった栄養もしっかりと吸収、補給されやすい時期なのです!!

このタイミングでファスティングを行うと、キーワードのひとつである修復という作用も働きやすいため、
傷の直りが早まったりという効果が発揮されやすい時期です。

ダイエット目的であれば新月のほうがおすすめですが、
こういった上記の効果から、満月ファステイングも結構おすすめだったりします^^


これを踏まえたうえで、ファスティングのスケジュールを組んでみてくださいね♡


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

歩くスパニスト・筋肉維持に基づいたファスティングカウンセラーとして活動中。 食傾向のお悩み・免疫力UP・ダイエットサポート。 健康志向ですが、甘党のパンケーキマニアで年間15回ぐらいは開拓中です。 趣味は旅行・バスケやその他のスポーツ観戦・軽めの運動・読書、グルメやカフェめぐりなどなどアウトドアでもありインドアも好き。

目次
閉じる