お問い合わせはこちらからどうぞ! 公式LINEアカウントへ

回復食でファスティングが決まる?回復食レシピと注意したい点

こんにちは!
ファスティングカウンセラー兼アーユルヴェーダセラピストのYUKOです。

ファスティングで準備食・ファスティング・回復食とありますよね。
ファスティングまではうまくいっても、実は回復食で手こずってしまう方も多いのですよね。

私にももちろん経験があります。
今回はそんな回復食で注意したい点について書いていきたいと思います。

☑回復食はいつも便秘になる
☑回復食で気持ち悪くなる
☑回復食でお腹を壊す

そんな方はぜひ続きを。

こちらの記事はある程度ファスティングの流れを把握してらっしゃる方専用の記事になっております。
ファスティングについてまだ具体的に何をすればいいのかわからない方は、まずはファスティング入門記事からごらんください。

目次

回復食を行うのはなんのため?

回復食に入るとつい、今日から食べれる!!と元気が出る方も多いかと思います。
そこで忘れてはいけないのが、いったい何のために回復食というものが存在するのかということです。

回復食というのは、ファスティング期間で有給休暇状態であった腸に対しての少しずつ働いてもらうためのリハビリ期間となります。

いきなり消化に負担のかかるものだったり、硬い固形物を入れてしまうと、ずっと休んでいた腸が混乱してしまいます。
混乱することによって、通常できていたことがうまく機能しなかったりします。

それが消化です。

いきなり硬くて消化に負担がかかるものが入ってくることにより、体力が減った状態の消化は、本来の力を発揮できません。

なので、まずは柔らかくて消化に優しいものを食べることと、よく噛むことが重要になってくるのです。

すっきり大根はやっぱりいい?

すっきり大根とは、お白湯を一杯飲み、大根を煮た煮汁に梅干しを潰し入れて飲んだ後に、
煮た大根を食べ、また煮汁+梅→大根と便意を感じるまで繰り返す、というものです。

大根の味に飽きた場合は、味噌をつけて大根を食べます。

なぜこれがとってもいいとされるかといいますと、大根×梅干しが最強の腸活だからです!

まず大根の場合、さまざまな便秘解消に効果的な成分が含まれていますが、特に豊富な水分と不溶性食物繊維が同時に摂取できる点です。

不溶性食物繊維は腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれるのです。
これにより、排出しやすい状態の便が作られるため、すっきりとしたお通じが得やすくなります。


一方の梅干しは、特に腸のぜん動運動を促す作用のあるクエン酸が含まれます。
ほかの酸味のある果物などと比較した場合、含有率が高いこともわかっております。

少量の梅干しを摂取するだけでクエン酸そしてマグネシウムがしっかり摂取できるのは、大きなメリットであり便秘解消だったり、便意を促しやすくなるといえるでしょう。

回復食では基本的に野菜などのたっぷり入ったスープ系もおすすめはしていますが、特に便秘にもともとなりやすい方は、すっきり大根がおすすめです。

すっきり大根簡単レシピ

材料(1人分)

  • ミネラルウォーター2000ml
  • だし昆布(無添加)20g
  • 大根1/3本
  • 梅干し(無添加)3粒(大)
  1. だし昆布は、固く絞った濡れ布巾でゴミ等を優しく拭き取っておきます。

    ※白い粉はミネラルなので擦り取らない様に注意
  2. 2キッチンバサミを使って1cm間隔で切れ目を入れ、水に30分以上つけておきます。
  3. 3時間が経ったら中火に掛け、鍋底が沸々したら煮立つ直前に昆布を取り出します。
  4. 4大根を良く洗って皮ごと1cm幅の輪切りにし、柔らかくなるまで炊きます。
    ※30分以上
  5. 5梅の種を取り除き、たたき梅にします。
  6. 6大きめのカップにたたき梅の1/4~1/5程度を入れ、大根の茹で汁を300ml注げば完成

梅流しの手順


  1. ①白湯300mlをゆっくり飲む
    ②湯呑にたたき梅+大根の茹で汁300mlを注いでゆっくり飲む
    ③大根を良く噛んでゆっくり食べる
  2. 8④大根に生味噌を付けてよく噛んでゆっくり食べる
    ⑤茹で汁1L以上を飲み切るまで②~④を繰り返す

    ※味に飽きなければ④は省略しても可

ぜひファスティングで便秘になりがちの方や、もともと便秘症の方はやってみてくださいね。

回復食の注意点

特に回復食で具合が悪くなりやすい方は必読です。

ライフスタイルによっては、回復食当日、お昼や休憩が決まった時間に取れなかったりするお仕事の方もいらっしゃると思います。

ファスティング期間は、ミネラルたっぷりの酵素ドリンクをたくさん飲んで過ごしていたかと思います。

しかし、回復食に入るとき、酵素ドリンクを飲むのは基本的なプランだと朝のみになりますね。

そこで、12時ぴったりにお昼に入ることができたならば、さほど気にしなくても大丈夫なのですが、
13時14時と、お昼時間がつまり回復食に入る時間が遅れてしまうと、ミネラル不足になります。

いままで栄養を取ってきた分、低血糖症状にもなりかねないため、お昼時間がばらばらの方は、朝から少し回復食を口にするか、お昼までの期間に飲める分の酵素ドリンクを予備で持っていくことと、梅干しもお守り代わりに持っていくことをおすすめいたします!!

それともう一つは、回復食の日1日目は、仕事をお休みにあてることも、一つだと思います。


ここが本当のラストスパートで踏ん張りどころです!!
回復食を制する者はファスティングを制します!!!

ちなみに私自身も、回復食でてこずり、ファスティング失敗談あり💦笑
いつもほとんどならない便秘になってしまうぐらいでした…。

こんなことも学びの一つ。
この記事を読めばあなたはもう大丈夫。

サポート&相談でより質のいいファスティングを行いませんか。
いまならお試し価格で承っております✨

ご相談は無料ですのでお気軽に^^

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

歩くスパニスト・筋肉維持に基づいたファスティングカウンセラーとして活動中。 食傾向のお悩み・免疫力UP・ダイエットサポート。 健康志向ですが、甘党のパンケーキマニアで年間15回ぐらいは開拓中です。 趣味は旅行・バスケやその他のスポーツ観戦・軽めの運動・読書、グルメやカフェめぐりなどなどアウトドアでもありインドアも好き。

目次
閉じる