お問い合わせはこちらからどうぞ! 公式LINEアカウントへ

糖質制限は身体に良いor悪い?糖質の話

こんにちは。ファスティングカウンセラーのゆうこです!

世で流行る糖質制限。これっていいの?それとも身体に悪い?
意見は賛否両論。

私的には…やはりバランスが大切なのでするならゆるっとほどほどにが良いかなと、極度に制限しちゃうのはどうなのかな?とは思います。そんな話、していきます。

目次

糖質を取りすぎてしまうと

極度の制限はどうかなとは思いますが、とはいえ糖質の取りすぎもお察しの通りよくありません。
糖質を取りすぎてしまうと、以下の症状が出やすくなります。

  • 肥満
  • 糖尿病リスク
  • 冷え性・疲労
  • 肩こりやむくみ
  • 肌荒れ
  • がんリスク
  • AGEsリスク

特に注目していただきたいのが赤で書かれた
がんリスクAGEsリスクです。

がん細胞は、低体温が好きなうえに、糖も大好物。

そしてがん細胞というのは常に私たちの身体にいて、毎日それを除去しています。

代謝が下がり、免疫力が低下すると、除去できる力がなくなってしまうので、がんという病気につながってしまうのです。

がん細胞は、夜寝ている間に増えていきます。
なので、夜寝る前に糖質を取ることは断じてNGなことを覚えていただきたいです!

食事と同じで、寝る3時間前には済ませておきましょう。

もう一つの注目は、AGEsです。
これは前回の記事でも少し紹介していますが、日本語にすると、糖化最終生成物といいます。
記事をご覧になっていない方は、こちらからどうぞ。

糖化最終生成物とは

体内に余分な糖が多くなると、その余分な糖とたんぱく質が結びついてしまうこと。
結びつくことにより、たんぱく質が変形→老化促進物質のAGEsが生まれます

身体を作る源のたんぱく質が、本来の働きをしなくなってしまうのです。

そうなることで、
動脈硬化
認知症
骨質の低下
肌の老化・トラブル
糖尿病
がん

リスクが高まります💦

それから普段の食事の焦げも、AGEsの原因となります。
焦げががんに繋がるといわれるのは、そういうことです。

糖質制限はほどほどに

端に糖質制限を行っていると、新糖生といって血糖値を維持するために、アミノ酸からブドウ糖を作るようになります。
すると、全身の細胞の働きを悪化させてしまう、アンモニアが発生するのです。

体内に悪玉菌も増えてしまい、腸内環境も悪化してしまうリスクがあるのです。

糖質制限で炭水化物を抜くということも行われていたりしますが、炭水化物お米には食物繊維も含まれているので、食物繊維不足の原因にもなります。

それなら野菜をたくさん取ればいい!!
と思うかもしれませんが、相当な量が必要ですし、穀物の食物繊維は良質✨
のため、便秘予防にもなるのです。

炭水化物=太る
イメージですが、あくまで取りすぎな場合ですから😊

本当に気になる場合は、低GIの玄米にしてみてはいかがでしょうか。
ミネラル成分も白米より豊富です!(私は雑穀米派です)

糖を選ぶ工夫も重要

極砂糖といっても種類がいくつかあります。
ご家庭にある砂糖はどれですか?

  • 白砂糖
  • 三温糖
  • きび砂糖
  • 黒糖
  • 甜菜糖

これらを2グループに分けます。

白砂糖・三温糖グループ

この二つの特徴は、精製されていること。

精製されていることで、栄養素はほぼ取り除かれた状態。
さらには高GI食品となっており、血糖値スパイクが起きやすい。

特に三温糖は数回の過熱を繰り返してカラメル成分があることにより、茶色くなってます。なので、AGEsの原因要素が砂糖の中でも高まります。

きび砂糖・黒糖・甜菜糖グループ

この3つは、上の2つとは逆に精製されていない砂糖のことです。

精製されていないため、茶色のままの色です。
栄養素がしっかりのこっているのです。

きび砂糖

くせがないのでスイーツ材料の代用としても充分使えます。
リンやカリウム・カルシウムなどのミネラル成分が含まれているため、ミネラル補給になります。

黒砂糖

きび砂糖よりもミネラル成分が豊富です。
しかし味にくせがあるため、スイーツ材料の代用としては、黒糖重視のスイーツならいいですが、代用品としては活用しにくいです。鉄分も入っているので、鉄分不足の方にはおすすめです。
GIは少し高めなので、食べすぎは注意が必要。

甜菜糖

3つの中ではかなり万能砂糖です✨

ミネラル成分は3つの中では一番少ないですが、特徴的なのはオリゴ糖が含まれていることです。

オリゴ糖は腸内環境を整えてくれるので、さまざまな腸内トラブルを改善してくれます。
そして、3つの中でも低GI食品になるので、血糖値スパイクの心配もありません。

少し高めですが、甜菜糖が砂糖の中では一番推奨します。

必要なデトックス力

なにはともあれ、がんリスクもAGEsリスクも、糖質だけではないので、腸内のデトックス力が重要となります。

そのためには、何度も耳が痛くなるほど言ってしまいますが、便秘は大敵!
そして、便がしっかり出ていたとしても、普段から腸内にこびり付いてしまっている宿便を定期的に取り除くこと!

ここが重要となります。

宿便を取り除くには、やっぱりファスティングが大切。
ファスティングで宿便を取り除いて、究極なデトックス力を身につけましょう😊❣

おわりに

糖がすべて悪なわけでもないし、炭水化物がすべて太る原因のわけでもありません。
糖質だけでなく、極端な何かしらの制限は、身体のバランスを崩してしまいやすいので、ほどほどに。

そして、基本のバランスよくが、一番の栄養だと私は思います。

ここでおさらい!

糖質の取りすぎはあらゆるリスクが増える
特にがんとAGESは深刻!
AGEsはふけるふけるふける😱👵👴
とはいえ極端な制限もバランスを崩すので
糖選びで工夫しよう
定期的なファステイングで
宿便を取り除くこともめちゃ大事!

宿便を取り除きたい方は、一度私にサポート&無料相談依頼をご検討してみてはいかがでしょうか。
公式ラインで承ります💕

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ファスティングとスポーツフードのカウンセラーとして活動中。 食傾向のお悩み・免疫力UP・ダイエットサポート。 健康志向ですが、甘党のパンケーキマニアで年間15回ぐらいは開拓中です。 趣味は旅行・バスケやその他のスポーツ観戦・軽めの運動・読書などなど。 2020年5月より、スポーツフードカウンセラーの資格習得。 いつかそれを通じてアスリートさんへシーズンオフ中にファスティングサポートをするのが夢。

目次
閉じる